絵本『ごぶごぶ ごぼごぼ』


4か月ぐらいのころに買って読んでいたのが、この

『ごぶごぶ ごぼごぼ』

ごぶごぶごぼごぼ

まず表紙から、不思議な絵ですよね。何の絵なんだろ?

文字はほとんどありません。

「ぷーん」

「ぷくぷくぷくん」

「ぷぷぷ」

なんて、音みたいな文字が並んでいて、水色青色の背景に、

黄色オレンジなどの色鮮やかな、小のが書いてあります。

ところどころ、が開いていて、それがまた、子どもの興味誘います。

読み始めたばかりの月齢の小さい頃は、ただただ、じぃっと、見つめています。

しかし、色鮮やかなので、これも、『しましまぐるぐる』 と同様に、見やすい様子です。

7,8か月のころは、特定のページで、声をあげて笑うようになり、穴に手を伸ばして、触るようになりました。

10か月くらいのころには、大のお気に入りの絵本になって、お気に入りのページをびりびりびり・・・。穴に指を入れたりして、じぶんで、ページをめくろうとしていました。

1歳を過ぎた頃には、穴に手を突っ込んで、反対側から触ったり、、、、。

早くから、楽しめて、かつ、穴を触ったりするわが子の成長を楽しめる、とてもいい絵本だと思います。

文字も少なく、抽象的な絵本ですが、毎回抑揚を変えたり、読む早さを早くしたり遅くしたり、

工夫次第で、いろんな雰囲気になる絵本です。


You may also like